Web予約

TEL: 092-663-8103

授乳方法について

当院では、お母様や赤ちゃんの状態を考慮しながら、個別で丁寧な対応を行うことで、ご希望に沿ったケアができるように努めています。妊娠20週頃に産後の授乳方法についてお母様方のご希望をお伺いします。お気軽にご自身のご希望をお伝えください。

当院で行う授乳方法

完全母乳

完全母乳とは、出産直後からミルクや砂糖水など母乳以外のものを、赤ちゃんに一切与えないことです。
母乳育児はママや赤ちゃんの絆を深め、また病気に対する抵抗力を高めるという好ましい点がたくさんあります。

ただし、母乳分泌には個人差があり産後すぐから赤ちゃんに必要な量がでないことが多いです。
当院では、完全母乳を希望される方でも低血糖や赤ちゃんの体重減少率が10%以上になった時、黄疸が強くなってきた時など、医学的にミルクや砂糖水が必要であると医師が判断した場合には、ミルクや砂糖水を追加しています。

母乳の準備が整えば母乳で育てたい

赤ちゃんが欲しがる量の母乳がでるようになるまでは、ミルクで不足分を補う方法
(母乳がでるようになれば、母乳のみにしたい方)

混合

母乳とミルクを併用して行う方法
(母乳はでていても、ミルクも飲んでほしい方)

ミルク

母乳で授乳は行わず、ミルクのみの方法

どの授乳方法を選ばれましても、当院スタッフが細やかにケアを行いますので安心してご相談ください。

PAGE TOP